n_shinichi’s blog

日々の備忘録、 趣味のあれこれなど紹介 (メニュー、リンクがうまくできてません、★記事一覧★で見てください...)

MENU

赤外線シリアル、ひとまず1000bpsからテストして動いた♪

先日、赤外線シリアルの信号を作るとこまでは一応できた。

 

 信号作ると言っても、38kHzの搬送波をM5StickCの中で作るだけなんだけど

 たぶん、シリアルの出力とPWMの論理積するのは

 ちゃんとわかった人にはきっとなんてことないんだろうけど

 なんかうまくいかない。

 

とりあえず、ポートが今すぐ足りないわけでもないし

外部で駆動するなら

PWMのDuty比下げて、、抵抗は小さくして

赤外LEDの平均負荷は同じままで光出力は上げるってのがしやすいので

外で組んだ。

 

組んだと言っても写真の通り。赤外LEDと抵抗つないだだけ。

 

赤外線LEDはこちら。

秋月 現在10個110円・・・・1個たった11円。

akizukidenshi.com

 

作り込み中につきっぱなしでも壊れんように10mAくらいにする。

Lipo3.7Vで だいたい2V残りドロップ、

なもんで200Ω でざっと10mA

 

これでもちゃんと向き合えば1mくらいいけた。

 受信側は、こちら

akizukidenshi.com

たぶん、後々、回路仕様等々落ち着いたら

duty絞って50mAくらいで数m範囲は多少向きがあってなくてもたぶんいける

 

こちらは

100ms周期でデータ 1、2、3 を送ったもの

青:送信側の電源ーLED駆動電圧分

赤:受信側IC出力

 

ちゃんと 1,2,3 が送れてる

 青の方は38kHz、つぶれて一色だけど。

 

数値”1”を送信してるとこ拡大。 

 

さらに拡大

 38kHz搬送波、フツー赤外線リモコンだとduty30%くらいかな。

 今回は20%まで絞った。 ちょいと省電力。
 赤外線LEDに電流を流してるのは青の1段下がった小さいパルスのとこだけ。

遅延は約0.2mSある、、、けど

 立上りと立下りで遅延が違う・・・これは残念。

 立ち上がりは遅い。

 なのでLパルスは長く、Hパルスは短くなってしまう。

こうなると通信速度はあげるとまずい。

 4800bpsはいけるはいけてもちょっとマージンなし。

 2400がいいとこかなといったところ。

これでも赤外線リモコン通信よりははるかに速い。

 

それ以上にフツーにシリアル通信ができるってので使い勝手は

 リモコン通信とは比較にならない。

 

とりあえず、M5StickC → Attiny1614は 通信確認OKになったので

今度はAttiny1614 → M5StickC の通信を作ろう。